--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.07.28 03:31|キャラクターメイキング
■狩り専用キャラクター
金策用、レベリング用、気分転換など、用途は様々でしょうが記事の需要はありそうなので。
最初のキャラクターに慣れてきて、セカンド以降のキャラクターを作ってみたい、という人に。

■汎用性の高いもの
・敏捷・体力型スナイパー
ソロ狩り能力が非常に高いのはコレ。MOBを複数釣ってアローストームで殲滅します。
装備込みで敏捷90、体力50、器用30を目安に、「主にどんなMOBを狩るか」で調節してください。
スキル構成は射撃72と回避8を確保し、毒薬の使用が可能ならフォックスグローブ、ヒーラーとPTを組むことが多ければグルーミーエフェクト、気絶攻撃を使ってくるMOBを狩るならラムセンス、など。
装備は予算に応じます。私見ですがイヤリングや精神力の魂などでMPを確保するとストレスがなくなります。吸血鬼の魂や天魔のアミュレットなど攻撃中のLP回復能力があると多少安定します。
※2011年12月のスキル調整でアローストームの詠唱時間が伸び、矢の消費数が5本になりました。

・コンジュラー
ソロ用のスキル構成は具現81と技巧3確保。あとウィークネスまでの惑乱スキルやファーストエイド、好みによってグルーキャッチや元素魔法など。グルーキャッチとバックステップを取りたい場合、罠を取って熟練を上げれば自動的にバックステップが付いてきます。バクステ=回避3だと思い込んで3ポイント無駄にするパターンがあるので念のため(筆者はやらかしました)
具現熟練を50まで上げ、武器を+5まで鍛錬することで、鍛錬した属性のLv50プラントが召喚できます。武器は持てるものなら杖でもナイフでも何でもよく、マジックジェムでも通常のジェムでも効果は同じです。
また具現81スキルで召喚できるワイバーンは、持続時間は1分と短いですが攻撃力が高く、しかも強さが熟練・杖の強化値に依存しません。プラントと併用することでターゲットを持続させ、再召喚することでソロ狩りが可能です。
ステータスは自由度が非常に高いです。敏捷型、知性体力型、知器バランス型など。
敏捷は半端に振っても無意味なので、振るなら補正込80~100までがっつりと。
具現スキルは基本的に詠唱が長いので、敏型にしないなら器用は60以上が楽だと思いました。

プラントの特性上基本的にまとめ狩りには不向きで、高レベル高経験値のMOBや、高額アイテムをドロップする未開MOBを狙っていくのが吉。

・敏捷型アサシン(他、敏捷型○○)
スナイパーと違い、アサシンの物理範囲攻撃はダメージ分散が発生します。すなわち、複数MOBを攻撃すると、一体あたりに与えるダメージ=基本ダメージ/MOB数 となります。
そのため単独でのまとめ狩りには不向きなのですが、「オーラダメージはダメージ分散しない」という特性を活かし、オーラダメージを増やしたりエンチャンターと組み合わせることでスナイパー以上の性能を発揮することができます。
ステは敏捷極、器用30前後、残り体力。スキル「マインドサイト」を取得でき、自分で命中を上げることができるため、場合によっては器用をもっと削ることもできます。
スキル構成は暗殺26・回避8を最低限として、フォックスグローブやグルーミーエフェクトを状況に応じて取りつつできるだけ暗殺を振ります。ラッシュによる攻撃2回判定が敏捷型スカウトの持ち味なのですが、ラッシュの効果時間が暗殺熟練に依存するためです。場合によっては回避26「ラムセンス」など取ってみるのもいいかもしれません。
筆者は「近接での釣りが苦手だから」という理由で射撃26「アングルショット」を取りましたが、結論としては要りませんでした。アングル中の被弾や持ち替えによるグラーティア消滅のデメリットが大きかったです。
装備構成が狩るMOBによってかなり変わります。試行錯誤してみてください。

・敏捷型アセティック
Lv54武器「ルーサーンハンマー」でのまとめ狩りに。ルーサーンは物理攻撃を当てると一定確率で爆発(範囲攻撃)が発生します。54までのレベル上げが大変ですが。
攻撃がルーサーンハンマーによるC攻撃中心になるので、エクソシストの標準的なステ・スキルでキャラを作っておくと後々様々な用途に使えて便利です。

・エンチャンター
単独での狩りはほぼ不可能ですが、アタッカーと組み合わせることで効率をぐっと上げることができます。
ステは装備・パッシブ補正込で霊感117or134を確保、残りを体・器・知で調節。
スキル構成は組み合わせる相手によります。

①汎用型(プロエ8歌HW) 聖歌持ちエンチャ
最終的に祝福81、聖歌30、祓魔26になるパターン。いわゆるエンチャスキルを一番多く取得しようとするとこうなります。
余ったポイントはバックステップ・ソウルブライト・プロエ9など。

②歌特化 聖歌持ちエンチャ
聖歌スキル「魔力の歌」の効果を伸ばすことが目的です。祝福を71にするパターンと81まで振るパターンがあり、それぞれプロエは+7、+8になります。

③プロエ9型
祝福スキル「プロエリウム(筋力・敏捷・知性を、祝福熟練/10 増加させる)」の効果を最大まで伸ばしたパターン。祝福を90まで振り、残りポイントを聖歌or祓魔26まで振ります。高レベルになるまで「ホーリーウェポン」か「魔力の歌」どちらか片方しか取れない状態が続きます。支援する相手が必ず物理職/魔法職である、という場合に(長い目で見るとあまりないですが)

④リクライム持ちエンチャ
慈愛スキル「リクライム」を取得し、バフだけでなく回復にも目を向けるパターン。
聖歌・ホーリーウェポン・リクライムを両立しようとするとプロエが+7になります。聖歌なし/HWなしなら余裕で取れます。

初めてのサブエンチャの場合は①汎用型をお勧めします。基本的なスキルが全てそろうのがLv53とやや大変ですが…
汎用型のスキル取得優先順位や、①以外のパターンで作る場合の取捨選択については、普段どんな狩りをすることが多いか、によって変わってきます。
スポンサーサイト
2011.07.28 02:05|はじめてのせんそう
火曜日の21時から行われるコンテンツです。21時~22時の「レルムゼロット起動演習」と、22時20分~23時20分の「領土侵攻戦」の二本立てとなっています。
ごく最近実装され、実装後の修正やスキル調整などの影響を受けて、攻略法が変わりやすいコンテンツです。ここやWikiが旧情報になっている場合があるのでご注意ください。

レルムゼロット起動演習
■ルール
■プロトコル
■立ち回り、要注意スキル

領土侵攻戦
■ルール
■プロトコル
■っていうか…




レルムゼロット起動演習
■ルール
国ごとに別々のマップで、巨大なゴーレム(ゼロット)を討伐した数を競います。
討伐数が同じ場合は参加人数の少ない国が勝利となる…と公式発表されています。一応。

■プロトコル(2012年10月現在)
本隊(殴りと支援)、ブロック、バインド、タゲ持ち、WP というのが基本的な役割分担で、
・タゲ持ちがゼロットを1体釣ってターゲットを維持し、
・バインドクリミナルでゼロットを鈍足化させて足踏み状態にし、
・その隙に全員で総攻撃し、
・ワープで移動してタイムロスを防ぐ
という構図になります。

マップは6つのエリアに区切られ、それぞれ5体ずつゼロットが分布しています。
それぞれのエリアはゲートによって封鎖されており、特定のゼロットを倒すと次のエリアへのゲートが解放されます。

WP係のコンジュラーはゲートが解放されたらその先の安全地帯のメモを取りに行って、前エリアのゼロットの討伐が終わったらすぐに本隊を転送できるようにします。
最初の討伐地点またはPOP地点メモ→次のエリアをメモ→最初のメモ地点にワープを出して本隊を呼ぶ→次のエリアへ進みメモ→本隊を呼ぶ…の繰り返しのようです。筆者やったことないけど。

タゲ持ちは騎乗パラディンまたはジェネラルが務めます。ノーティマークでゼロットを釣り、ターゲットを自分に固定します。
バインドはバインドクリミナルを取得したカラミティの仕事です。青歌を踏んだり、複数人のカラミで交互にバインドを展開し、ゼロットを足止めします。この時、タゲ持ちはゼロットに追いつかれない位置を取ります。
ブロックはパラディンのお仕事です。後述のパトリオットゴーレムから本隊を守ります。
本隊はそれ以外の攻撃職と支援職です。攻撃職はゼロットを殴り、支援職は本隊の支援のほか、ブロックのパラディンが死んだら手早く蘇生します。

■立ち回りと要注意スキル
「レルムゼロット起動演習」における最大の脅威は、実はゼロットの攻撃ではなく、ゼロットが召喚する「パトリオットゴーレム」の自爆攻撃です。
これはパラディンのブロッキングで肩代わり可能であることが確認されており(パラディンはパッシブスキル「フィラクテリー」を習得でき、これによって魔法ダメージをブロッキングできる)、パラはブロッキング、他の人はブロッキングに入れて貰う! というのが全ての基本となります。
すなわち、
①自分のバフアイコンをこまめにチェックして、ブロッキング又はマーチのアイコンがついていなかったら移動する
②パラディン以外の職はブロッキングしない(紛らわしいだけでなく、ブロッキングには上書き効果があるためパラブロックを無効化してしまう)

特に②は覚えておいてください。よかれと思って発動したブロッキングが、ただの味方逆殺だった! なんてことがないように。

また、パトリオットゴーレムは「ゼロットが攻撃モーションを行える状態」でのみ召喚されると言われており、
「ゼロットが常にターゲットを追いかけ、攻撃が届かない」状態にとどめることで、パトリオットの召喚を押さえることができます。
これを可能にするのが先述の「ノーティマーク」によるターゲット固定と、カラミティの「バインドクリミナル」による鈍足化です。


以下、要注意スキル一覧
・ブロッキング
パラディン以外の人は上書きしてはいけません。

・クワイエティズム、カームスポット
時々ゼロットがエターナルアンセム(発動者を中心とするスキル使用不可ゾーンを作る)を使うようになりました。あらかじめ芝orカームを引いておくことで、アンセムが出ても芝・カーム上では通常通りスキルが使えるようになります。
ただし芝を重ねて芝どうしで打ち消し合ったり、味方の範囲攻撃・テンプルを完封しないよう注意が必要。

・ノーティマーク、プロボーク
ターゲット固定を行う場合、タゲ持ち以外の人はうかつに使ってはいけません。

WP係でないコンジュラーもPOP地点と討伐地点のメモを取っておくと便利です。


領土侵攻戦
週替わりの「防衛国」とレルムゼロット起動演習の勝利国(または2位の国家)とが二国戦を行い、勝利した国は1週間、特別なマップを独占して狩りができます。

■ルール
ゼロサム型のゲージが設定されており、全て赤色(侵攻側3000点、防衛側0点)になると戦争終了、侵攻国の勝利となります。終戦までポイントをゼロにされず粘れば防衛側の勝利です。
マップには小拠点・大拠点が点在し、セーフウォールとコアで構成されています。
小拠点は破壊されてから10分で復活します。

・侵攻側加点条件
拠点コアの破壊
防衛側指揮官をキル

1コール内に全拠点のコアを破壊すると侵攻側勝利となります。

・防衛側加点条件
侵攻国のプレイヤーをキル
ビューグルコールによる自然回復


・ゴーレム召喚
防衛国は三種類のゼロットを召喚することができます。
・アタッカーゼロット:物理攻撃で付近の侵攻国プレイヤーを攻撃する
・ディフェンダーゼロット:拠点コアを回復する
・スカウトゼロット:敵大将が近付くと座標ログが流れる
ただしこれらの召喚にはゲージのポイントを消費するため、無計画に召喚を行うと敗戦に直結することがあります。

・大将システム
対して、侵攻国では立候補またはランダム選出によって「大将」が選ばれます。
立候補がない場合、起動演習の貢献度ランキング上位者から選ばれる可能性が高いため、貢献度が高くなりがちなパラディン・クレリックは要注意です。
大将の仕事は以下の通り。

①戦場に存在し生存すること
大将がフィールドに存在することで、拠点を制圧した際のポイントにボーナスがつきます。
ただし大将が倒された場合、一般兵が倒されるよりも多くのポイントが防衛国に入ります。
よって大将に選ばれてしまった場合、できる限り侵攻戦に参加すること、また死なないこと。
インベントリにムナールマント(LP+3000)が振り込まれているので装着し、味方にアピールしたり、クレリック・ジェネラルなどが居るPTに入って守って貰ってください。

②リスポーン地点を作成すること
侵攻国プレイヤーが死亡した場合、あらかじめ定められたリスポン地点に復帰します。
しかしこの既定リスポンにはたいていの場合、防衛国プレイヤーが待ち構えています。
大将はリスポーンアイテムを使用することで、任意の地点に新たなリスポン地点を作成することができます。


■プロトコル
侵攻側勝利条件は「1コール内に全拠点を落とす」か「制限時間内にポイントを満たす」です。
前者の作戦を取る場合、「全ての小拠点のコアをミリ加工し、大拠点を制圧して、小拠点のコアを落とす」流れになります。
後者の作戦を取る場合、「極力キルを取られないようにしながら小拠点を破壊して回る(加工なし)」ことになります。
小拠点に対して取る行動が違うので、チャットによる連携が必要です。

防衛側がこれらに対抗するためには、「大拠点と1つ以上の小拠点を守りきり、侵攻側プレイヤーを倒す」ことが必要です。防衛に適した構成のPTを小拠点に配置しつつ、襲われている小拠点にワープして積極的に交戦し、侵攻国を妨害します。
というかもっと手っ取り早い戦い方が存在してしまうんですが、後述で…


・つまり何をすればいいの?
防衛側:不慣れなうちは、とにかく敵プレイヤーを倒します。防衛側は殺されても失点になりません。
慣れてきたら、「どの拠点を防衛すれば勝てるか」を考えてみましょう。

侵攻側:キルを取られないことと、オブジェクトを加工または破壊することが最優先です。
押し引き、加工か破壊か、とにかくチャットでの意思疎通が大切。


■っていうか…
要するに、防衛側が侵攻国POP地点に1時間陣取って片っ端からレスキルすれば終わる話で…
ぶっちゃけ、死にコンテンツです。
ちなみに、それをするとレスキルPT以外の名誉がほぼゼロになる仕様なので、敵からも味方からもあー…って言われます。
2011.07.12 17:59|はじめてのせんそう
日曜21時~23時開催の戦争です。

■ルール
■プロトコル
■拠点アイテムについて
■本陣落としについて
■裏方について




■ルール
本陣を守りつつ、15個の小拠点を取りあい、コールごとの点数を競います。
加点・減点要素は廃都の場合とほぼ同じですが、小拠点は廃都の塔とは違い、保有し続けることで加算点数が増えます。落とされるとリセットされてしまうので、ジークの塔は保有し続けることに意義があると言えます。
また本陣が攻撃を受け、マスターコアが破壊された場合、点数に関わらずコアを壊された国はジークヘイムから退場となり、国家ポイントの半分に相当する点数がコアを破壊した国に加算されます。


■2011年7月現在ファル連合のプロトコル
本陣周辺の重要塔を確保しつつ、中央にある4つの塔を取りあい、他国の重要塔を攻撃します。
クラン単位で本隊と別動部隊に分かれ、主にコンジュラーのワープスキル「トランスポート」で移動します。
また、ビューグルコールごとに拠点アイテム(通称:石)が振り込まれるので、それらは指定された「輸送係」が回収するか、部隊ごと移動するなどして重要塔に拠点アイテムを集めます。

■拠点アイテムについて
ジークヘイムの塔はガードタワーのLPが高く、かつ回復させることも再建することもできます。そのために消費されるアイテムが「拠点アイテム」で、これはビューグルコールごとに全プレイヤーのインベントリに配布され、また敵プレイヤーを倒すとそのプレイヤーが持っていた石を入手できます。この拠点アイテムの確保が、塔保有の成否を分けます。

・あらかじめ、インベントリは1列程度空けておきます。
・「石回収」の指示があったらインベントリを確認し、拠点アイテムを0円露店で出します。なお、重要塔(「籠り」「監視係」などが居る塔)で回収する場合は塔の中で露店を出しましょう。
・回収すべき石は【赤大・中、緑大・中】です。赤小は破棄するか無人拠点で使い、緑小は自分で使うか、「籠り」の人が集めている場合には渡しましょう。青石は序盤に重要塔でリスポーンクリスタル起動に使い、全ての重要塔でクリスタルが起動(Map上で白○がつく)したら破棄するか、中央などで集めて使います。
・リヴァスライト鉱石(金色の石)が来た場合、絶対に死んではいけません。重要塔以外でコールを迎えた場合には、シャウトで「金石きました!」と報告し、身の安全を確保して確実に輸送さんに渡しましょう。

■本陣落としについて
敵が本陣攻略を狙って攻めてくる場合があります。本陣に居る時に1PT以上の敵を見かけたら即座に報告しましょう。
スピードが命なので、最初は「本陣@@@@@」で構いません。
次に「東門帝国3PT」など、【攻撃されている門、国、規模】を報告します。本陣の中にいて国・規模が見えない場合も外には出ずに、本陣2階に上って確認しましょう。
たいていはここまでの報告で、本隊がワープで戻ってきてくれるはずです。門の真ん中をクリックするとターゲットを合わせることができ、門の残りLPが分かります。「東門6割」など大まかでいいので添えるといいです。
ブロッキングを持っている職の場合は、味方パラディンと交代するまで門のブロッキングに入りましょう。

・敵が少数であっても、「本陣北に王国馬1名」などの報告はあったほうがいいです。
・本陣に来た敵があまりに少ないのに、自軍本隊を呼び戻してしまうのも考えものです。そこで、門のゲージの減り方門が殴られているときの赤文字の数を確認しましょう。門のゲージが減るスピードが速い、赤文字(被弾)がたくさん出ている…というのが「ヤバい」状況です。


■裏方について
・塔籠り 2~4か所ぶん
・輸送 人数≒部隊数
・敵本陣監視 ときどき。1~2名
・コンジュラー 3名以上

塔籠りはワイバーンに妨害されるためLPが多く防御力の高い職が適しています。ワイバーンの気絶攻撃への対策として、気絶耐性を上げてあるとなおよし。複数名で籠る方法もあります。が、いずれにせよぶっちゃけ初心者向きではありません。事前に仕事を調べたり、何度か見学するなどして流れを掴みましょう。

輸送は騎乗職やエージェント系など。あらかじめ指定された輸送以外でも、これらに該当する職の場合急遽輸送係を依頼されることがあります。行くべき塔を訊き、Mapを確認して、決して死なないよう安全第一で向かいましょう。エジェは常にクローキング移動です。なお、向かうべき塔の入口に敵がいる場合はギリギリまで強行突破は避け(塔籠りの人が石の残量を報告しています)、応援を呼びましょう。

本陣監視は主にアサシン(クローキング状態で移動でき、かつMPを回復することができる)が指定されます。が、敵の行動やスキルについて知識がないと厳しいので、いきなり指名されても「初心者なので…」と断ってもいいと思います。コツとしては、監視対象に近づきすぎないこと、ふらふら動き回ってMPが切れないようにすること、でしょうか。報告内容は「敵の集合・ワープ、第三国による襲撃・交戦」また門監視の場合は、コールごとに門のLPを報告します。

Lv50以上(メモ数4)のコンジュラーで、かつ正規兵である場合は、部隊のワープ移動を担当することがあります。メモ位置は塔の名前で指定されますが、正面ではなく少し離れた場所に取ることが多いです。常に指揮官位置を離れないこと、チャットをよく見てワープ指示・撤退指示が出たらすぐに出すこと。非交戦時で余裕があれば、エンチャスキル「魔力の歌」を出して貰ってからワープを出すといいです。
2011.07.12 16:18|はじめてのせんそう
月・水・金の21時半~22時半に開催される戦争です。
最も歴史が古く戦略が確立されていますが、アップデートでひっくり返ることも。

■ルール
■プロトコル:基本的な流れ
■戦争中の基本:最初に出来るお仕事
■チャットについて:情報は重要です。
■オブジェクト加工について




■ルール
10分ごとのビューグルコールで点数が加算され、その合計を競います。
塔をコール時に確保する・敵を倒す・味方の蘇生などで加点されます。
逆に、敵に倒されたりコールの瞬間に塔を3つ以上保有できていないと減点です。


■2012年1月現在連合のプロトコル
・コールが来たら集合して本隊を形成します。集合場所はその都度シャウトで流れることが多いです。
・コールから前半5分は自陣の他国塔を加工、余裕があれば敵陣の加工に向かいます。
・コール後半は自陣塔の取得や加工された自陣塔の防衛、敵塔の取得や敵が加工している塔への妨害に行きます。
・コール後、再び集合して本隊を形成します。


■戦争中の基本
・とにかく味方と離れない
・孤立したら近くの(ハイドではない)味方についていく。無理にPTに合流しなくてよい
・自陣に死に戻ったら近くの塔を目指し、味方と合流して自陣の敵国塔を加工する。ただし敵がいることが判っている場合は逃げる
・タイミングを無視して塔を取ると守れないので、塔の攻撃についてはチャットをよく確認する
・コール1分前になったら手近な塔を自国色にする(守れない場合は除く)
・チャット欄をこまめに見る
・自分にできるバフを切らさない
・正規兵の場合、死亡時に即復帰を使ってはいけない

【死なないこと、はぐれないこと、PTメンバーのバフを切らさないこと】初心者なら3つできれば十分です。
弓職はムーブアシスト、ウォリならプロヴィデンスやウォークライ、エジェはマインドサイト、アセティックのウィンドアシストなど、PTメンバーのバフを責任を持って維持しましょう。プリースト系のバフについては霊感によって効果が変わるので、エンチャンターが居る場合にはラピスメディオ・ウィンクルム・グラーティアは上書きせず任せましょう(合流できずバフが切れている場合はその限りではありません)
またPT外の人でもバフを渡しましょう。特にムーブアシスト、サルタティオは非常に重要です。


■チャットについて
敵の目撃情報は自軍の動きの指標になります。
・死んだら死因をシャウト。「連勝利前に帝国本隊」「修練前に王レスキル1PT」など。
・たくさんの敵を見たら場所、国、規模を書いてシャウト「G9に帝国本隊待機中」など。

塔のコア情報は確認の手間を省いてくれます。
・塔に入ったらコア残量をシャウト(例「連合幸運、連おち帝2割王フル」ちなみに塔の名前は、色ではなく陣地で決まる。緑色であっても赤色であっても、連合領にある塔は「連合○○」。おちとかフルとか言ってるのはコア残量。色と国が対応している)

加工しているのが他国にバレると、加工中の無防備な状態で襲われることも。
運用できるかどうかは別として、他国兵に見られたという情報もそこそこ重要です。


■オブジェクト加工について
・基本的に
廃都では三国の陣地にそれぞれ修練の塔(マップ記号■)、幸運の塔(●)、勝利の塔(◆)の3塔があり、合計9つの塔の「コール時の領有」を巡って争います。
最低でも3塔確保していないとコール時に減点されるため、
「自陣2~3塔を確保しながら他国の塔を1~2か所狙いに行く」という動きになります。

廃都の塔には4本のガードタワーと3つのコアがあります。
コアは赤、青、緑で、それぞれの国に対応しており、他国コアのみ攻撃できます。
GTを4本折って自国以外のふたつのコアを破壊すると、その塔を自国のものにできます。
なお、自国色の塔はGT・他国コアともに攻撃できません。

・ガードタワーの落とし方
コアを加工する前に、ガードタワーと呼ばれるごんぶとの柱を4本へし折らなければなりません。
廃都Mapを見ると、各塔のガードタワーの本数が塔アイコン下のバーで表現されています。この情報はリアルタイムで全プレイヤーに伝わるため、マップをよく見ておけばどの塔に敵国がいるかも分かり、妨害をしかけることができます。
これを防ぐため、各ガードタワーを折らずにギリギリまで削り、4本とも寸止めした状態から一気に折ってコア加工に入ります。敵に発見されるのを遅らせることが狙いです。

・コア加工とは何か:「加工」と「取得」の違い
塔内のコアを攻撃する際に「加工」または「取得」と言い添えられることがあります。
取得とはその塔のコアを完全に破壊して自国色にすることで、加工は「すぐに自国がその塔を取得できる状態まで攻撃して寸止めすること」です。
コア加工の基本は「塔と違う色のコアを落とし、塔と同じ色のコアをぎりぎりまで削る」です。

最終的に「取得」することには変わりないのですが、
次のビューグルコールまで10分近くあるのに塔を取得してしまうと、その塔は別の国に攻撃され、取り返されてしまう恐れがあります。そこで、コール直前に自国が取得できる状態に、塔をキープしておくのです。


【解説】加工の考え方としては、
「他国コアを二つ落とすと自国塔になる」
「塔を所有している国(塔の色の国)は、その塔のオブジェクトを一切攻撃できない」
「コアが落ちている国は、塔を攻撃しても取得できない」
という3つの前提に基づきます。
塔の所有国は塔を一切攻撃できないので、再取得される心配はなく
第三国(塔の色でない国)のコアを落としておくことで、第三国に取得される心配もなくなります。
あとは防衛しながら、塔の色のコアをギリギリまで加工、コール直前に取得すればOK。


・加工中の防衛
皆が皆コアを殴ればよい、というものではありません。
それでは敵襲の際にカンタンに加工妨害されてしまいます。

以下のまとめはファル連合のプロトコルに基づいているので、
所属サーバ・国ごとに自職の仕事は確認して頂きたいのですが、

コアを削るのは主に歩兵物理攻撃職(ジャガ、アサ、剣パラなど)、ディスタ、魚、コンジュです。
エクソシストは入口~塔中間の壁までのあたりに芝を敷きます。
コア周辺は芝で覆ってしまうとテンプル・範囲魔法が塞がれてしまうので、
ディスタがコアを囲むようにカームスポットを置き、敵の魔法から味方を守ります。

エンチャ、クレリックはコア周辺のカームに乗り、歌やリバフ、テンプルム。
殴らないパラディンはコア周辺にブロッキングで敵の魔法・マゴから自軍を守ります。
どうせ塔中に物理攻撃は飛んでこないので、
ジェネラルはブロッキングよりも、入口か塔外でノティ・アンセム防衛のほうがいいかもしれない。

敏捷騎兵や塔殴りに対応していない弓は、状況に応じて周辺警戒して貰えるとありがたいです。
雷ウォーロックも芝・カームの置き方によってはコアに対する能力が大幅に落ちてしまうので、
そんな時は入口の芝に乗って防戦に備えるのもいいと思います。

コンジュラーは塔に対する攻撃力が高く、ぜひ削りに参加して欲しいのですが、
撤退ワープを出せるのもコンジュだけなので、そこは臨機応変に。
撤退ワープは入口の芝の上に出します。
実は塔内のコア直下・周辺からも出せるのですが、
運営の意図しない仕様ではないか? という噂が絶えないため…

塔の裏から敵のディスターバンスが近付いてきて、爆弾を流して一網打尽を狙うことがあります。
ソウルブライト、コンジュラーの毒プラントやワイバーンで対策しますが、
暗殺されたり退避に乗り遅れないように。
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

ゆてにや

Author:ゆてにや
ここは、ファル連合の新人受け入れクランに属するプレイヤーが「あれ、次なに教えればいいんだっけ?」という度忘れを防ぐため作った新人支援記事集です。著者が永遠のNoobであるため、ほんとに基本的なことしか書いてない上に未検証通説から推論導出していたりします。ここがすべてとは決して思わず、さらにプレイヤーブログ巡りをされることをお勧めします。

プレイヤーブログリンク
にっしんさんのアンテナ
うにさんのアンテナ

パンドラウィキ

基本的にリンクフリーです。
ご自由にお持ちください。


†薔薇十字団†クランサイト

著者ブログ
ご意見・ご要望などございましたらコメントお願いします


■Hello, World! PandoraSagaができるまで
①チャットで新人さんに喋ります。
②ログアウトしてから言いそびれに気づきます。
③著者ブログにごりごり記事をまとめます
④そのうちこちらに転載します。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。